今シーズンのインフルエンザ流行の推移201827週~201914週)

 

凡例)

1.図中の記号

流行の有無

(定点あたり報告数)

無印:流行なし 

○:流行中(1以上)

◆:流行中(10以上)

◎:流行中(3以上)

●:流行中(30以上)

2.背景色

(絶対湿度)

□:5g/3以下  7g/3以下  11g/3以下

17g/3以下        17g/3を超える

 

             注)1.定点あたり報告数・・・  14週(20190401日~0407日)

                 2.絶対湿度 ・・・・・・  15週(20190408日~0414日)

                                                                                                                                                                             作成日:2019.04.16

<コメント>

・第14週(0401日~)定点あたり報告数は、1.73(13)→1.46(14)と減少し、流行県数も36→34と減少

                          報告数が多いのは、秋田(8.00)、青森(5.02)、沖縄(3.52)、福島(3.36)、新潟(3.31)、山形(3.24)など

                          定点当たり報告数が10を上回る県は0県、5を上回る県は2

・第15週(0401日~)絶対湿度は先週に比べ上がり、沖縄は17g/m3以下と湿潤、多くの地域で7g/m3以下だが

7g/m3以下の地域も増え乾燥が緩んできた

 

<情報入手>

・患者発生情報   :国立感染症研究所感染症情報センター

                   IDWR(感染症発生動向調査 週報)Infectious Diseases Weekly Report Japan

                   https://www.niid.go.jp/niid/ja/idwr.html

・気象情報   :気象庁 気象統計情報

                   http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

≪報告週対応表≫