Password

は精神科の日常業務の中で、
主として精神保健指定医が精神保健福祉法関連の官庁への
提出文書を作成し、またその中に記載したデータを
データベースに保管して再度次回の提出に利用したり、
基本的データを他の種類の文書に利用できることを
目的として作成されたものである。


パスワードを入力後、「OK」ボタンをクリックして下さい(「Enter」キーを押しても先に進めません)。

2019年5月10日 Ver4.20の修正版公開!
・保護定期報告などの印字位置のずれを修正(全書式見直しました)
まだバグが残っているかもしれませんので何かお気づきの方は下記までメールをお願い致します。
mmic-qq@mbs.ocn.ne.jp
メールは毎日見てますので、障害については出来るだけ早く対応したいと思います。


2019年5月7日 Ver4.20の修正版公開!
・保護退院届の退院年月日の年、月の印字位置のずれを修正
・保護退院届の入院年月日の元号印字位置のずれを修正
・発行日の年に「元」が入力されている場合の年齢計算の修正


2019年5月1日 Ver4.20 令和対応アップデートについて
令和改元に対応しました。

修正の基本的な考え方としては
・平成固定だった物ー>平成と令和の選択式
・生年月日(明治大正昭和平成)ー>(大正昭和平成令和)
 (もし明治生まれの患者さんがいらした場合、生年月日部分は手書きで対応願います。)
・入院年月日など(昭和平成)ー>(昭和平成令和)
となります。

なお、PsyScriptのダウンロード用パスワードは昔から一切変更してませんから
お忘れでない限り、再度パスワードを申請する必要はありません!

2019年2月21日 Ver4.10 アップデートについて
平成30年3月の「地方公共団体による精神障害者の退院後支援に関するガイドライン」に基づき、下記3書類を追加しました。
・退院後支援に関する計画に係る意見書
・病状が悪化した場合の対処方針(困ったときの対処)
・退院後支援のニーズに関するアセスメント
Ver4がインストール済みのPCには、上書きインストールするだけです。
上記書類を使用しない場合は特にバージョンアップの必要はありません。


<ご注意!>
・このソフトウェアは精神保健指定医、及び精神保健指定医の監督の元で事務処理を行う方に限り使用することができます。
・このソフトはフリーソフトです。現在試用版であり、書式の種類を含め今後Version-Upの予定です。
・その他の情報はPsyScriptQA集をご覧下さい。
 Microsoft Internet Explorerをお使いの環境で、「OK」をクリックしても次の画面が表示されない場合があります。
 その場合、Internet Explorerの「ツール」メニューから「インターネットオプション」を選び、
セキュリティのページの「セキュリティレべル」が「高」になってないかご確認下さい。
「高」になっていた場合、一時的に「セキュリティレべル」を「中」にしてInternet Explorerを再起動して下さい。
パスワードを入力し、ダウンロード完了しましたら、再度「高」に設定しなおす事をお勧めします。

パスワードがわからない方は
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓

パスワードの発行

本ソフトはフリー・ソフトとし、精神科医の間での配布を自由としますが、
使用により生ずるトラブルに関し、当方は一切責任を負いません。

未だ潜在バグが含まれる可能性が有りますので、書類印刷時には入力した内容と
印刷された内容に食い違いが無いかご確認頂けます様、お願い申し上げます。

(財)宮城県地域医療情報センター26691